バイアグラの偽物に注意!

ネット通販ではバイアグラの偽物も!?

EDになったら病院に行ってED治療を行うのが一般的で、処方されたバイアグラを飲むことで勃起できるようになります(個人差あり)。
ただ、病院で処方されるバイアグラはちょっと高価です。ED治療は自由診療のため、価格は病院によって異なりますが、1錠当たり1,500円~2,000円ほどかかります。さらに初診料・再診料、調剤技術料、薬学管理料、薬剤料などそれ以上の費用がかかります。
そのため、最近では病院を受診してバイアグラを処方してもらうのではなく、ネット通販でバイアグラ、もしくはバイアグラジェネリックを購入する方は増えてきています。ネット通販のバイアグラだと、格安で購入でき、さらにジェネリックだと1錠当たり200円~300円程度で購入できるケースもあります。
病院で処方されても、ネットで購入してもバイアグラには違いないので、安い方が良いと思う人がほとんどではないでしょうか。ですが、ネット通販のバイアグラ、バイアグラジェネリックの半分近くが偽物と言われています。

バイアグラの偽物の危険性

「偽物でも効果があるなら問題ない」と思う方もいるでしょう。ブランドバッグの偽物であれば、自分がそれでもいいと思えばいいかもしれません。ですが、薬に関しては偽物を飲むと非常に危険です。
“偽物はED治療に効果がない”と思うでしょうが、危険なのはそれだけではありません。バイアグラの偽物は、有効成分であるシルデナフィルの配合量だけでなく、どのようなものが配合しているか分からないから危険なのです。製品によっては覚醒剤や殺虫剤と同じ成分が配合されているものもあるようです。つまり、バイアグラの偽物は命の危険すらあるというわけです。

正規品を見抜くことは難しい

ネット通販の半分近くが偽物とはいえ、もちろん正規品も販売されています。「正規品は比べればわかるのでは?」と思うかもしれませんが、見た目もほとんど同じように作られているのでわからないものもたくさんあります。そしてバイアグラジェネリックとなれば、いろいろなメーカーで出しているので、正規品すら見たことがなければ比べるのも難しいです。
もちろん、その錠剤の成分を調べる事はできないわけではありません。ですが、それを個人でおこなうとなれば相当な費用がかかってしまいますので、それなら病院で処方されたバイアグラを買った方が断然安いでしょう。ネット通販業者では“正規輸入品”とか“正規代理店”などとアピールしているショップもあります。それでも偽物がありますので、ハッキリ言って見極めるのは無理でしょう。(2017年現在)