健常者(EDじゃない男性)もバイアグラは飲んで平気?

健常者(EDじゃない男性)もバイアグラは服用したらどうなる?

“バイアグラは飲むとギンギンに勃起する”というイメージがあるのではないでしょうか。そして飲めば射精してもすぐに復活して、一晩に何回でもセックスできるようになる、と思っている人も少なくありません。
EDで悩んでいる人にとってみれば、飲むだけでEDが解消するわけですから、まさに“夢のような薬”とも言えるでしょう。では、健常者(EDじゃない男性)がバイアグラを服用してもいいのでしょうか。健常者が飲んだら、より強く勃起し、また射精後も何度もセックスできるようになるのでしょうか。

健常者がバイアグラを飲んでも意味はなし

健常者がバイアグラを服用したらどうなるのか、というと本当にED気味でもない人であればバイアグラの効果はほとんど感じないでしょう。EDは海綿体への血流が阻害されているために勃起不全という症状を引き起こしている状態です。バイアグラはその阻害されている血流を回復するものです。ですので、もともと血流が滞っていない状態の方がバイアグラを飲んだところで意味がないのです。例えるなら、風邪をひいていないのに風邪薬を飲むようなものです。
これが、栄養ドリンクやサプリメントであれば、ダメ元で飲んでみるのもいいかもしれません。ですが、バイアグラはED治療薬というれっきとした“薬”になります。薬である以上、少なからず副作用があり、バイアグラにも副作用はあるものです。
つまり、健常者がバイアグラを服用すると、副作用が出てしまうリスクがありつつ、ほとんど効果が感じられないわけですから、飲まない方が良いでしょう。

性的興奮がないとバイアグラを飲んでも勃起しません

『バイアグラを服用すると一晩に何度も勃起できる』と思う人がいるかもしれませんが、これについては間違いがあります。バイアグラには精力をアップさせる効果はありません。
勃起は、性的興奮があってそれにより脳から海綿体へ血液が流れるように指令が来て勃起する仕組みになっています。EDは性的興奮があっても血液が流れないために引き起こされますので、バイアグラはその阻害された血流を回復させるものです。逆を言えばバイアグラを飲んでも性的興奮がないと勃起しません。
男性は射精すると性的興奮がおさまってしまいます。つまりバイアグラが効いていても、性的興奮がないと勃起しないわけですから、射精してもすぐに勃起できるわけではないのです。
ですので、そういう目的で健常者がバイアグラを服用しても性的興奮がないのなら意味がありません。(2017年現在)